日本語中文

株式会社エスディーコーポレーション

Running Club 「Team Shintaku」

此社團形成的目的是, 活用元馬拉松日本代表「新宅雅也」氏的技能,讓參加跑步社團的人能維持健康,結交朋友的同時,增進長距離馬拉松的普及以及技術提升, 並且組織代表日本的『運動社團』『跑步社團』. 另外透過與地區的交流,期待能塑造包含未開發地開發的安心安全環境以及地區的活性化
歡迎呼朋踴躍參加

「Team Shintaku」為了達成目的要執行以下事業

  1. 指導一般跑者, 年少組
  2. 指導以及養成比賽選手
  3. 支援學校體育項目
  4. 運動活動的企劃營運
  5. 藉由運動進行國際交流
  6. 地區交流活性化
  7. 健康規劃開發
  8. 支援通過運動的互動活動
  9. 委任運動教室等事業
  10. 其他

總監介紹

總監: 新宅 雅也(永灯至)2012年6月18日改名
1957年12月出生於廣島縣
在日本體育大學時代,有出賽箱根車站馬拉松比賽打敗有瀬古利彦的早稻田大學獲得總和優勝者. 之後,在 SB食品路上部時代,支撐了日本馬拉松界的黃金時代.莫斯科奧運,洛杉磯奧運,首爾奧運等種種不同名目的日本代表的超級跑者引退第一線後,升任三井住友海上陸上部、体育系専門補習班的「体育進学中心」的理事, 透過運動,全力投入社會整頓,地區活化

主たる競技暦

競技会 種目 記録
オリンピック大会
1980年 第22回 モスクワ 3,000m障害
5,000m
日本代表
1984年 第23回 ロサンゼルス 10,000m 日本代表
1988年 第24回 ソウル マラソン 日本代表
アジア大会
1978年 第8回 バンコク 3,000m障害 優勝
1982年 第9回 ニューデリー 5,000m 優勝
1986年 第10回 ソウル 10,000m 優勝
国際大会
1980年 DNガラン国際陸上 3,000m障害 2位(当時日本記録)
1981年 世界記録挑戦競技会 30,000m
15,000m
2位(当時世界記録)
   (当時日本記録)
1982年 8ヶ国陸上 5,000m 2位(当時日本記録)
1984年 唐津10マイルロードレース 優勝(現在日本記録)
1987年 オスロ国際陸上 3,000m 8位(当時日本記録)
1989年 全日本実業団ハーフマラソン 優勝(当時日本記録)
国内大会
1978年 東京箱根間往復関東大学駅伝競走大会 第4区 優勝
1979年 東京箱根間往復関東大学駅伝競走大会 第5区 準優勝
1980年 東京箱根間往復関東大学駅伝競走大会 第2区 優勝
1977年 日本陸上競技選手権大会 3,000m障害 優勝
1978年 日本陸上競技選手権大会 3,000m障害 優勝
1979年 日本陸上競技選手権大会 3,000m障害 優勝
1980年 日本陸上競技選手権大会 3,000m障害
5,000m
優勝
優勝
1981年 日本陸上競技選手権大会 5,000m
10,000m
優勝
優勝
1982年 日本陸上競技選手権大会 3,000m障害 優勝
1983年 日本陸上競技選手権大会 3,000m障害
5,000m
優勝
優勝
1984年 日本陸上競技選手権大会 10,000m 優勝
1985年 日本陸上競技選手権大会 10,000m 優勝
1985年 福岡国際マラソン 優勝

スタッフ紹介

代表・監督 新宅 雅也(シンタク マサナリ)
コーチ 園原 健弘(ソノハラ タケヒロ)
大島めぐみ(オオシマ メグミ)
メンタルカウンセラー 新宅 光穂 (シンタク ミツホ)
チームアドバイザー 西脇 威夫 (ニシワキ タケオ)  ・・・ 法律
福崎 勝幸 (フクザキ カツユキ) ・・・ 全般

(2018.12.1現在)

↑UP